05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-04-02 (Mon)
反省しております。
後悔しております。
言いすぎちゃったというよりも
ひどい事を言ってしまった。
今の主人のことを考えたら、到底言ってはいけないことでした。
私は主人に依存しすぎているんだと思う。
何か一人で楽しめることを本気で見つけないとダメだと思いました。
趣味がないわけじゃないんです。
好きなことは色々あって、一人で時間を過ごすことは大好きです。
でも、主人の運転する車でドライブすることがこの上なく大好きで
ストレス発散にはドライブが最も効果的な気分転換でした。
目的も決めずに思いつきで車を走らせるワクワク感とか
山道をガツガツ進んで行くアドベンチャー感とか
時折流れてくるBGMにどっぷり浸ったりとか
目の前に広がる夜景だとか
とにかく主人とのドライブは何よりもどんな事よりも好きだったの。
いろいろな話も出来るしね。
ドライブだけじゃない。
手を繋いで歩く街も好き。
見つめ合って食事するのも好き。
振り向いたときにそこに主人がいる安心感が好き。
一人の買い物も好きだけど
(買い物によっては一人で行きたいときもあります)
一緒にいるってことだけで満たされる思いがあります。

2年くらい前から主人の体調が思わしくなくって
外出に制限が出来始めた頃から
「よし、行くぞ!」っていうのが出来なくなって
外出はめっきり減ってしまいました。
天気のよい日が恨めしく思えるほどに。
主人がどれだけ思い悩んでいるのか知っているくせに
どこか出かけたい、どこに出かけたい、とついつい言ってしまう。
それがプレッシャーをかけていることも分かっているくせに。
気ままにドライブしたいのは私よりも主人の方だっていうことも分かっているのに。

「いいよ~。どこかに連れて行ってくれる人を他に探しちゃうからね」

昨日、こんな言葉を言ってしまった。
言ってすぐに「やばい!なんてことを言ってしまったの!!」と思ったけれど
時はすでに遅し。
発した言葉はもう戻ってきません。
主人の顔は怖くて見れなかったけれど
グサっていう
言葉のナイフが心に深く刺さった音が聞こえた。

私だって健康なわけじゃない。
四六時中、耳は痛いし頭は痛いし
生理のときには寝込んでしまうし。

「いいよ~。他に健康な女を探すから」

もしも私がこんなことを言われたら
どうしようも出来ない体の不調に悩んでいる自分の現状に嫌気がさして
夫に不憫な思いをさせていることの申し訳なさをマックスに感じて
死にたくなってしまうよ。

「さっきはごめんね、ひどい事を言っちゃった」

この言葉を言うタイミングをずっと逃したまま今日が来た。
優しい主人は何もなかったようにしてくれてるけど
ものすごくデリケートな心の持ち主なので
本当は...
本当に....
相当傷ついてしまったはず。

ずっと考えてました。
何をしてても一緒が良くって
一緒にいるときは本当に幸せで
子供たちから手が離れたらもっと一緒に色々な事が出来て
色々なところへ行けると思っていた。
なのに、それが出来なくなってしまった。
毎日がとても大事だからこそ
毎日を特別な思いで過ごそうって思っていて
行きたいとこへ行きたいし
食べたいものを食べたいしって
行き急ぐくらいに生き急いでいた。
元気なうちにいろんなことをしたいからって。
ずっと体調が戻らない訳じゃないかもしれないのに
ゆっくり待ってあげられない、優しくない私がいた。
そういう私が症状の回復を遅らせているかもしれないのに。

行きたいところがあれば、自分で行けばいい。
食べたいものがあれば、食べに行けばいい。
そこに主人はいなくても、それを楽しめるようになればいい。
何かのせいにして自分が出来ないことを愚痴にするのはやめないといけないよね。
きっと、そういう自分の生き方は後悔するだけなんだと思う。
今までは自分だけが楽しむことにものすごい罪悪感を感じていた。
でも、主人を追い込んで傷つける事の方がよっぽどひどい。

年をとって、主人が先に逝くことになったら
嫌でも私は一人になる。
そのときも今のような私がいたら、きっと死んでるみたいな生き方しか出来ない。
二人で楽しめることは出かけなくてもたくさんある。
だって、一緒にいられるだけで幸せだもの。
一人でイキイキ出来ることは自分で探して
それを心から楽しめないといけない。
もっと自立しなくちゃ。
そのために何をしようか。
体の不調を徹底的に治さないといけないし
人生設計を立て直さないといけない。
子供のこと、家のこと、会社のこと。
それだけでオロオロしている毎日っていうのも、いい加減卒業しないといけない。

私らしく生きる。
自分勝手に生きるってことじゃなくて
今の生活の中で出来る範囲の自由を自分自身で見繕って
人生に出来るだけ後悔を残さないように生きる。
なんだか死が目の前にある人が言うような宣言だけど
人はいつだって死と隣り合わせだもの。
それくらい真剣に生きないと、って思います。

人の心に寄り添って生きる事は簡単ではないですね。
長く一緒にいると、ついワガママになってしまいます。
思いやりとか遠慮とか我慢とか、ある程度はしてきたつもりだけれど
自分に余裕がない時は
相手から余裕を奪ってしまうような言動を起こしてしまう。
人を愛し続けること
人に愛され続けること。
なんと奥深くて難しいことでしょう。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ランキングに参加しています。
ポチっと応援よろしくお願いします!
blogram投票ボタン













Theme : 主婦の日常日記 * Genre : 日記 * Category : diary
* Comment : (2) |

* by 愛されている妻
いつだったか、radynaちゃんが記事にしてたの。
お友達が亡くなったかなんかだったかな。
で、とにかく、機会を逃してはいけないってことが書かれていたの。
ほんとにその通りだと思った。
だから、早く謝って!
傷つけるようなこと言ってごめんなさいって。
後悔するより、頑張って!

愛されている妻さんへ * by radyna
コメントありがとうございます。
古い記事を思い出して下さってありがとうございます。
後悔するなら謝った方がいいですよね。
謝るのは得意じゃないけど頑張ってみます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。