05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-03 (Sat)
都立高校の一般入試が終わり、次は二次募集。
大抵の子供たちが春からの進路を決め
あとは卒業式を待つのみのこの時期。
入試は希望校へ入学するための試験だけれど
言い方は悪いですが、裏を返せば
入学希望者を定員に収まるよう
落とすための試験でもあります。
頑張った人もそうでなかった人も
入試によって公平に審査されるわけだと思いますが
受験生を持つ親の心情としては
どうにか希望する高校や進路へ行ってもらいたいと願うばかりです。

過去に書いた詩を紹介します。
ちょうど2年前に息子が受験していたときの詩。
あと2校受験を控えている娘を見て
違う思いを詩に書きたいと思っていますが
この詩を読み返すと当時のことが走馬灯のように思い出されます。

♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫

*出来ることと言えば*

知らない街にやってきた
いつもより長く電車に乗って
小さな電車に乗り換えて
初めて降りた 駅
歩いている人や
吹き抜ける風
見慣れているはずのファーストフード店にすら
不安を感じる

4月からここが君の通学路になるのかな

小さな商店街
お肉屋さんにお米屋さん
八百屋さんに本屋さん

初めまして
こんにちは
もしかしたら
うちの子がお世話になるかもしれません
とてもいい子なんですよ
宜しくお願いします

さっきまでの不安はどこへやら
目に留まる全てのお店や人たちに
一人ひとり挨拶をして回りたい気分

歴史のありそうな古い神社が
通りに面して建っていた
思わず足を止めて本堂を見つめ

「どうかこの子をお守り下さい」

子供が未来へ踏み出す最初の一歩
願っては祈り
祈っては願い

お百度参りや滝修行
それを行えば道が拓けるのであれば
私は何度だってお百度参りをするだろうし
滝に打たれる

大袈裟だって笑わないで
馬鹿みたいって呆れないで

道に迷ったわが子のために出来ること
もう
これくらいしか
思いつかないのです

♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫

この詩を書いた後に息子はこの高校へ入学しましたが
今は別の高校に通っています。
私は人生を海に喩えて物を思うことが多いのですが
針路はいつだってどんな方向にも向きを変えてしまうもの。
自分の操舵力以外に
風の向き、波の高さ、天気(空)の変化も航海には重要ですし、知識や経験や直感も必要になります。
たかだか15歳の子供です。
されど15歳。
大抵の15歳が未知の大海原へ船を出して行きます。
思いもかけず座礁することもあるでしょうし
思いもかけず座礁せずに済むこともあるでしょう。
また、
目的地を目指していたはずが
その目的地へ行く目的を見失ったり
人魚に見とれて舵をとることを忘れることだって(笑)

4月からの進路がまだ未定の娘にとって
今が一番苦しい時期だと思いますが
生き方は一つじゃない。
サイコロを振って素直に出た目に従い進んだとしても
一回休みになったり
ふいに振り出しに戻ったり。
息子で色々経験したことで
親の引き出しが増えた気がします。
それは、望んで増えた引き出しではなかったけれど
「絶対こうしなきゃいけないんだ」という凝り固まった気持ちは、人生やピンチを切り拓いて乗り越えて行くときに、
とても邪魔になるということを知りました。
え?
そういうことに気付くのが遅い??
そうかもしれないですね~。
「普通は」という言葉がとても好きで
「普通に」生きて行くことに安心を覚えている私なので
「普通で」いいからさぁ~と
「普通を」押し付けている面が多い気がします。
それは、自分にも子供にも他人にも。
これが、視野や考え方を狭くしている原因なんですよね。
反省。

「普通」っていうのが一番厄介なのかもしれないですね。
だって、みんな「普通」の基準が違うんですものね。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ランキングに参加しています。
ポチっと応援よろしくお願いします!
blogram投票ボタン








Theme : 詩・想 * Genre : 小説・文学 * Category : diary
* Comment : (2) |

No title * by 愛されている妻
お嬢さんの進路、いいように決まってくれるといいね。
お嬢さんも辛いだろうけど、親も辛いな~。
幸多かれと願うのみ。
詩に書かれてる、一人ひとり挨拶をして回りたい気分って読んで涙がでそうだわ。
親はみんなそうよね。

愛されている妻さんへ * by radyna
コメントありがとうございました♫
妻さんって不思議。
いつも私が悩んでいたり暗い気持ちのときに
そっとコメントを残してくれてるの。
私も妻さんのような人になれたらいいな、なんて思いました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。