09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-08-05 (Fri)
これは6月に果実酒を作ったお話。
写真は果実を漬け始めた当初というよりは
一か月位経過して色が出始めた頃ですな。

以前から梅酒を作ってみたいと思っていたのですが
どうせなら色々作ろうじゃないかと。

果実酒1

写真の左からアメリカンチェリー酒(ホワイトリカー)
梅酒(ホワイトリカー)その隣の梅酒はブランデー仕込みで
右端はレモンとキウイのお酒。蜂蜜入りです。

果実酒2

今の段階で大分果実が下に沈んできて
氷砂糖も大分、溶けてきてます。
蜂蜜がなかなかお酒に混じらないんだけどぉ・・?
作ってから2カ月くらいで果実を引き上げるってレシピには書いてあるけど
梅酒ってずっと梅を漬けっぱなしのようなイメージがあります。
果実は引きあげた方がいいのかなぁ?
傷んでしまうものなんだろうか?
2ヶ月後位から飲んでもよし、って書いてあったから
お酒に入れちゃえばいいのかな。
熟成させた方がまろやかになって美味しいって書いてあるのを見ると
じゃぁ、もっと待つよ、という気持ちにもなる。

とにかく、早く飲んでみたいものです。
自家製の果実酒とやらを。

~ここから下は悲しいお酒のお話です~

先日、私は初めてお酒を飲んで自分をダメにした。
立っていられないほど飲んで
床を這いずって
泣いた。
泣き散らした、というか。
しゃがみ込んで泣き続ける私の背中を
ずっと
ずっと
主人がさすってくれてた。
お酒を飲んで乱れる人を
とても嫌っている主人。
みっともないくらいの醜態をさらしている私を
咎めもせず
嫌な顔もせず
ただ、ただ、ずっと
傍にいて背中をさすってくれてた。

主人だってとても辛い思いをしているのに
私だけ自由に泣いたり怒ったりしてる。
「ごめんね」って
そう言うのが精一杯だった。

お酒を飲んで記憶を失くしたことはない。
そんなことがあるんだろうか、と思っている。
お酒を飲んで嫌な事を忘れることが出来るのか。
出来るんだったら一時でもいいから忘れたい。
そんな思いが強かった。

でも、いくら飲んだって
悲しくなるだけだった。
嫌な事、忘れたい事が
自分に覆いかぶさってきて
容赦なく胸を締め付けた。
とにかく涙があふれてきて
どうしょうもなくって
「うわぁ~~~」って
声をあげて泣き叫んだ。
そんな自分を
私は全部覚えてる。
お酒を飲んだところで
私は私を見失う事は出来なかった。
見失ったふりをして汚い言葉を吐くことは出来たにしても。

私はずるい。
いつも結局最後は逃げようとする。
そして、いつもその行動を後悔するんだ。
一緒に苦難を乗り越えようとしている人の目の前で弱音を吐いて
一人で泣き叫んで
慰めを欲しがる。
苦しいのは私一人ではないのに
励ましてくれる人に更なる苦痛を
この私が直接与えてしまっている。
一緒に頑張っていこうと約束していながら
足を引っ張ってばかりなんだ。

どうしょうもなく
ただ、本当に
苦しい。
この状況も
今後のことも
そして
一番きついのは
この自分自身に
何の価値も見出せなくなっていること。
私の育児は
やっぱり・・へたくそだった。
どうもすみませんでした、と
あちこちに
何度も頭を下げているうちに
どんどん心が削られていって
空っぽになりつつある。

ため息ばかりついているせいか
そのうち過呼吸になってしまいそうで怖い。

息子は先月末に
自主退学という形で高校をやめることになりました。
この話には当然続きがありますが
今日はこの辺で。

Theme : 小さな幸せ * Genre : ライフ * Category : food
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。