05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-05-27 (Fri)
今日は愚痴なの。
ちょっとお付き合い下さいね。

私が住んでいる町って
資源ゴミ(缶や瓶、段ボールなど)以外のゴミ、
つまり
普通ゴミと燃えないゴミが戸別収集なのね。
で、ウチは45リットルのゴミ袋が2個くらい入るストッカーを家の脇に置いて、
そこにゴミを入れて収集してもらっているの。
燃えるゴミの収集は週に2回なので
犬のペットシーツとかをたくさん使う我が家は
かなりゴミが出ます。
臭いも気になるので収集日までのゴミは外のストッカーに入れて
収集日がきたら、そのストッカーからゴミを収集してもらうの。

でね、そのゴミストッカーが荒らされるのなんのって。
小学生の通学路だし、幼児もたくさん住んでいる地域。
不特定多数の人が(大人も子供も含めて)やっているのか
特定の誰かがやっているのかは分かりません。
夜の間に缶やゴミが投げ込まれていることもあるしね。
そりゃ、ゴミ箱だからゴミを入れたっていいだろう、って
そう言う人もいるかもしれないけど
公共のゴミ箱とは違うんだから
入れられた方は完全に嫌な気持ちになります。
それに、見た目はストッカーなので
ゴミ箱には見えません。

いつも見張っているわけにはいかないですが
現行犯として見つけて注意しているのは
登下校中の小学生たち。
ふら~っと近寄って
バタン!と蓋をあけて
中をのぞいて
バタン!と閉めていく。
ゴミが入っていないときなんて、
その箱の中に入ってかくれんぼしたり、上に乗っかったり。
言ってあげないと分からない、のも分かりますよ。
だって、子供だもんね(^_^;)
注意すると「うぜぇ」みたいな顔をされるけど
素直にやめてくれるから
それは救いかな。

以前は木製のストッカーだったんだけど
それはもうボコボコになってしまい
(蓋をバタンバタン開け閉めされたり乗っかったりなので)
今はステンレスっぽいのに変え、蓋を開けられないように
自転車の荷台に使うようなベルトでしばってみたんだけど、
そのベルトも見事にはずされちゃう。
要するに箱の中を見たい、のね。
面白いものが入っているように見えるのだろうか?
宝探し気分?
興味があるのは分かります。
だって、子供だもんね(^_^;)
いたずらされたくなければ箱を置かなければいいのかもしれないけど、
他に移せる場所がないし・・
なんか、そういう問題じゃないと思う訳で。
でも、もう荒らされるのが嫌で
どうしょうかな~と弱気になってます。
学校に訴えて生徒に指導してもらおうかと思ったこともあるの。
「よその家のものはむやみに触らないように」って。
いい加減注意することにも
ストッカーを気にするのも疲れちゃって。
でも、学校に訴えるのもなんか違うような気もして。

人の持ち物に何かするってことに
悪意を感じない人が多い気がするの。
自分の物を大事にしない人もいるけれど
公共の物も含めて、自分の物じゃないものに対しての
思いやりがないというか
図々しさが目に余ると言うか。
自分のものじゃないからいいや、みたいなね。
それは、他人の敷地なのに平気で犬のフンを置いていく人たちにも通じるけれど。
(これにも本当に困っている)

物は大事に扱いましよう。
公共施設はキレイに使いましょう。
悪いことをしたら「ごめんなさい」

そういう基本的なことを教えられてきたし
子供にも教えてきたはずなのに
結局、原因を誰か、何かにすり替えて
「私は悪くない」
「だってしょうがない」
と開き直ってしまう人は
結構、多いような気がします(私自身も含めてだけど)

とにかくね、毎日ストッカーをいじられることと
犬のフン害に悩まされています。
大きな看板を書けばいいかな(--〆)
モラルの欠如は問題だと思います。
人それぞれの価値観が違うのは当たり前のことだけれど
最低限のモラルって
多数決をとったら票が過半数とれるような
それこそ当たり前のことばかりだと思うのよね。
悪いことを「悪い」と言っているだけなのに
正しい事を言っている人が悪者にされがちな世の中。
それはおかしいと常々思っています。
善悪を見極めていながら
正しいことを正しいと言えずに
悪いことを見て見ぬふりしていることは
おかしい、というよりも悲しいことだとも思っています。
時に正しい事はただの偽善になり
悪は正しい道への足がかりになることもあります。
世の中、人間関係も仕組みも複雑で
白黒ハッキリさせることの出来ないグレーな部分の方が多いと思うし
グレーな立場でいたほうが
責任がなくて楽だ、と思うこともたくさんある。
あぁ、やっぱりこういう大人がたくさんいるから
子供の中で善悪のラインがぼやけてしまうんだね。
(私も、私の子供も含めて)
自分にとって都合の良いことは悪にはならない。
そういう流れを作ってしまってるんだ。

自分の子供が外で何をしているか私だって全部把握してない。
社会のモラルに反していることをやっていながら
ギリギリかわしているのかもしれない。
(そう思うと心底不安)
自分が誰かに何か不本意ながら迷惑をかけていることも
教えてもらわないと気付けないこともある。
誰にも迷惑をかけないように生きていくことは目標だけれど
きっとそれは成し得ないことなのかもしれないね。

すべての事柄の裏には大なり小なり理由があるから
まずはその理由を聞かないと、といつも第三者的、客観的に物事を推し計ろうと努力はするけど
身の回りで起こっているすべての事柄の裏側を知ろうとすることは
本当に疲れます。
人の言動の裏側を洞察することは
本当に苦手です。
犬のフンを平気でさせていく飼い主さん、
人の家のものを平気で取ったり壊していく人たち。
きっと、そういう人は
何か、人間的に欠落しているとしか思えません。
そう思う事で、なんだか自分が救われたりする・・


は~
いっぱい愚痴ったらお腹すいた(^^)
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ランキングに参加しています。
ポチっと応援よろしくお願いします!
blogram投票ボタン







Theme : 主婦の日常日記 * Genre : 日記 * Category : diary
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。